FinalCutProXを購入してみた!買い方からインストールまで

どーも、真です。

最近はyoutubeにも手を出してみようと
動画編集ソフトを買ってみました。

ちょっと流れに乗り遅れた感はありますが、
まだ数年ぐらいなら今の状況が続くかなーと思って、
思い切ってFinalCutProXにしました!

これでかっこいいエフェクトもちょちょいのちょいです(゚∀゚)
(多分!!)


FinalCutProXの購入のやり方

FinalCutProXはパッケージ販売をしていないので、
appleストアで購入することになります。

ストアの開き方は画面左上のappleマークを押すと、
AppleStoreがあるのでクリック。

スクリーンショット 2017-02-25 15.20.33

あとは検索窓に「FinalCutPro」
と入力すると出てきます。

スクリーンショット 2017-02-25 15.21.29

ちょっと評価悪いですが、
最近はアップデートでだいぶマシになったようです。

それでも一部のコマンドを実行すると
アプリが強制終了することもあるみたいですが(^_^;)

batch_スクリーンショット 2017-02-25 15.12.42

ちなみに現在の価格は34800円ですね。


クレカでも購入できますが、
AppカードやiTunesカードがオススメです。

たまにコンビニで10%増量キャンペーンを
やってたりしますし、ビッグカメラとかの家電量販店でも
10%オフセールをやってることがあります。

近くにコンビニとかあったら回ってみましょうb


あとは購入するときにAppleIDとパスが必要なので、
事前に登録しておきましょう。

これであとは購入履歴からインストールするだけ!

アプリ自体4GBぐらいあるので、
容量不足には気をつけてくださいね。

FinalCutProX以外のソフトのインストール

FinalCutProXを補助してくれるアプリは
いくつかあります。

その中でも「Motion」「Compressor」があると
便利です。

Motionは3Dのグラフィックやタイトルが作れて、
Compressorは動画の変換に特化したツールです。


ちなみに、私はMotionだけ購入しました。

ただ、まだあんまり使ってないですw

実際に映画のオープニングとかで使いそうな
3Dのタイトルとか使う場面がそんなになくて...w

だから初めはFinalCutProXだけでいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。